明石防火協会
会長 朝比奈 秀典

 明石防火協会は、火災予防の普及、防火に関する研究、事業所の防火防災体制の強化推進を目的に設立された協会です。
火災による被害の絶無を願って防火防災思想の普及、防災行動力の向上に関する活動に積極的に取り組んでいきます。





気象庁

消防設備士試験 予備講習会日程

地震に備えて

火災に備えて

関連リンクボタン

トップ動画帯


2022年度防火ポスター表彰式を行いました
 8月24日(水)から9月7日(水)までの間、安全で安心して暮らせるまちづくりの一環である火災予防について、意識高揚と防火思想の啓発を図ることを目的に、市内保育所(園)、幼稚園、小・中学校の児童及び生徒から防火ポスターを募集しました。

 集まった549作品の中から審査を行った結果、下記の作品が優秀賞に選ばれ、10月26日(水)に明石市役所議会棟2階大会議室にて表彰式を行いました。



自衛消防隊訓練研修会を開催しました
 令和4年10月18日(火)から20日(木)までの3日間、明石防火協会及び明石市消防局共催で、消防用設備の知識や技法などを習得することを目的として、市内の事業所を対象とした自衛消防隊訓練研修会を開催しました。

 当日は、明石防火協会に加入している31事業所から165名が参加し、消防用設備の取扱いや防火防災に関する知識を学びました。

 訓練に参加された方からは「誘導灯の必要性に身を持って感じることができました。」「実際に炎を使った消火訓練は迫力があり、このような機会でないと体験できないので参考になりました。」「屋内消火栓を使用した訓練では、実際に噴射される圧力を体験できたので、いざという時のためのいい経験になりました。」との感想を頂きました。

 災害に応じた想定訓練も重要ですが、消防用資機材の取扱いや煙の危険性など基本的なことを把握していないと、いざ災害が発生した場合に消火活動や避難活動を行うのは難しいと思われます。今後もこうした 訓練を企画立案してまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。



2022年度防災講演会を実施
 9月2日(金)、神戸地方気象台 次長 川上幸則氏を講師に「気象災害から身を守るために~防災気象情報の活用~」と題して、リモート形式により防災講演会が開催されました。

 明石防火協会から朝比奈会長以下31事業所75名が参加しました。




自衛消防隊訓練研修会を開催しました
 令和3年10月19日(火)から21日(木)までの3日間、明石防火協会及び明石市消防局共催で、事業所における消防訓練の知識や技法などを習得することを目的として、市内の事業所を対象とした自衛消防隊訓練研修会を開催しました。

 当日は、明石防火協会に加入している36事業所から127名が参加し、消防用設備の取扱いや防火防災に関する知識を学びました。

 訓練に参加された方からは「煙体験では全く視界がない中、避難する怖さを実感しました。」「スプリンクラーの見学や放水体験では、水の出る威力に驚きました。」「今後、新入社員や若い職員に対してこのような訓練ができればと感じました。」との感想を頂きました。

 今回の訓練は消防用資機材などの基礎的な訓練を学んで頂きました。災害に応じた想定訓練も重要ですが、消防用資機材の取扱いや煙の危険性など基本的なことを把握していないと、いざ災害が発生した場合に消火活動や避難活動を行うのは難しいと思われます。今後もこうした訓練を企画立案してまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。



2021年度危険物安全講演会を実施
危険物安全週間行事として6月7日に労働安全衛生総合研究所の崔 光石氏による安全講演会をリモート形式で実施しました。 初めてのリモート講演会にも関わらず朝比奈会長以下100名以上の会員が参加しました。


2021年度防火協会理事会・総会が行われました
明石防火協会理事会と総会が、4月22日(木)にリモート形式で実施され、昨年度の決算報告や今年度の事業計画等について審議されました。
併せて、永年にわたり防火協会の発展並びに火災予防に尽力されました6事業所に対し、防火協会長表彰が行われました。

危険物安全週間の実施に伴い6月7日に「明石市危険物安全講演会」を開催

危険物安全週間の実施に伴い6月7日に「明石市危険物安全講演会」を開催いたします。

講師:労働安全総合研究所 電気安全グループ部長 崔光石様

「静電気に起因する可燃性物質の爆発・火災とその防止策」

お申し込みはこちらの会員専用ページから



» 過去の動画一覧へ
シバタ工業 医療法人社団せいゆう会 神明病院
人丸花壇 ジーオインターネット放送局